ホーム > 新版 秘密の博物誌

新版 秘密の博物誌

新版 秘密の博物誌

動物や植物、金属・宝石などの自然の万象にひそむ驚くべきシンボリックな世界の解明を通して古代の叡智が見事によみがえる。

著者 ホール,M.P.(マンリー・パルマー)
大沼 忠弘
山田 耕士
吉村 正和
ジャンル 思想 > 神秘思想
シリーズ 象徴哲学大系
出版年月日 2014/11/20
ISBN 9784409030837
判型・ページ数 A5・284ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

・ピュタゴラスの生涯と哲学
・ピュタゴラスの音楽論と色彩論
・象徴体系における人間の肉体
・ヒラム伝説
・魚・虫・獣・爬虫類・鳥
・花・植物・果実・木
・石・金属・宝石
・典礼魔法と妖術
・四大元素とその住民
・ヘルメスの薬学、化学、治療学

このページのトップへ

内容説明

新版象徴哲学大系全4冊の第Ⅱ巻。ピュタゴラスの数学や音楽・色彩論

はじめ、日頃何げなく見過ごしている動物や植物、金属・宝石などの自然の万象にひそむ驚くべきシンボリックな世界の解明を通して古代の叡智が見事によみがえる。

邦訳初版には収録されていなかった1928年原著初版の貴重かつ美麗なカラー図版を新たに収めた新装改訂版。

 

夜は深い。昼が考えるよりずっと深い(ニーチェ)

いかなる文明にも光と闇がある。歴史という華やかな、めまぐるしい有為転変の舞台とその奥に隠れて舞台を回している真の演出家たちがいる。彼らは世人が光と見なしている世界が実は闇にすぎないことを熟知しており、自ら内なる光という秘密の闇のなかに身をひそめて決して外に現われようとはしない。古代、このような人々は秘密の結社を作り、限られた資格のあるものだけに太古から伝わる真実の知識を伝授した。(訳者あとがきより)

 

このページのトップへ

関連書籍

魔術の歴史

魔術の歴史

レヴィ魔術三部作。

 
高等魔術の教理と祭儀 教理篇

高等魔術の教理と祭儀 教理篇

エリファス・レヴィ不朽の名著。

 
 
高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇

高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇

高等魔術!王者の学問、支配者の修験道

 
魔法

魔法

魔法・呪術・秘術…全容の解明!

 
 

このページのトップへ