ホーム > 沖縄闘争の時代1960/70

沖縄闘争の時代1960/70  新刊

分断を乗り越える思想と実践

沖縄闘争の時代1960/70

沖縄問題を、あの島の問題ではなく、私たちが生きるいまこの場所の問題へと転換する、新鋭による歴史社会学の熱き労作。

著者 大野 光明
ジャンル 社会
歴史
出版年月日 2014/10/10
ISBN 9784409240984
判型・ページ数 4-6・342ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序章
  1 沖縄問題
  2 本書の目的
  3 これまでの研究と本書の課題
    3‐1 沖縄戦後史研究
    3‐2 冷戦史研究
    3‐3 社会運動史研究と社会運動論
  4 本書の方法
  5 本書の構成

第一章 沖縄闘争の時代
  1 戦後という暴力――地政学的分断と冷戦体制
  2 一九五○年代――革新ナショナリズムの共鳴
    2‐1 沖縄の土地闘争
    2‐2 革新ナショナリズムの共鳴
  3 冷戦体制と沖縄問題との相克
    3‐1 六○年安保闘争と冷戦的分断
    3‐2 沖縄返還要求国民大行進がつないだ人々・経験・運動
    3‐3 冷戦体制と復帰運動のせめぎ合い
  4 沖縄闘争の時代
    4‐1 沖縄統治政策の転換
    4‐2 復帰運動からの量的・質的な変化
    4‐3 アリーナとしての沖縄闘争

第二章 ベトナム戦争下の沖縄闘争
        ――ベ平連の嘉手納基地ゲート前抗議行動と渡航制限撤廃闘争
  1 なぜ、どのように沖縄問題に取り組むのか、という問い
  2 ベトナム戦争の時代
    2‐1 ベトナム戦争・日本・沖縄
    2‐2 「わが内なるベトナム」認識の形成
    2‐3 ベトナム反戦運動から沖縄問題へ
  3 米軍嘉手納基地ゲート前抗議行動と渡航制限撤廃闘争
    3‐1 本土からの参加者の逮捕事件
    3‐2 救援活動と身柄の釈放
    3‐3 渡航制限撤廃闘争
  4 共鳴する怒りと立場性をめぐる議論の噴出
    4‐1 連帯への評価、共鳴する怒り
    4‐2 本土/沖縄の二分法の構造へ
    4‐3 立場性をめぐる議論の噴出
  5 沖縄問題という構造を越えて

第三章 大阪のなかの沖縄問題の発見
      ――大阪沖縄連帯の会を事例に
  1 足下の「沖縄」
  2 大阪と沖縄
    2‐1 流民たちの都市
    2‐2 泉州地域と繊維産業
  3 大阪沖縄連帯の会(デイゴの会)
    3‐1 「沖縄を忘れることの出来ないあなたに」
    3‐2 結成総会
    3‐3 活動の概要
  4 「大阪のなかの沖縄問題」の発見
    4‐1 転換点としての七夕フェスティバル
    4‐2 「大阪のなかの沖縄問題」への取り組み
    4‐3 拡張する沖縄闘争
  5 沖縄返還運動から地域社会の変革へ

第四章 復帰運動の破綻と文化的実践による沖縄闘争の持続
      ――竹中労、ルポルタージュ、島唄
  1 沖縄闘争のなかの文化へ
  2 下層社会と芸能ルポ・ライター
  3 ルポルタージュが照射するもの
    3‐1 竹中の足跡
    3‐2 復帰批判のルポルタージュ
  4 島唄論――復帰の「失敗」の創出
    4‐1 プロテストソングとしての島唄
    4‐2 復帰の「失敗」をつくる/生きる
  5 文化「と」政治

第五章 横断する軍事的暴力、越境する運動
      ――沖縄におけるベ平連運動と反戦兵士たち
  1 基地の「撤去」ではなく、軍隊の「解体」
  2 グローバルな反戦・反軍運動と沖縄
    2‐1 米兵の抵抗運動
    2‐2 グローバルな反戦・反軍運動の沖縄への介入
  3 沖縄のなかのベ平連運動
    3‐1 沖縄でベトナム戦争に反対するということ
    3‐2 行き場のない人々とスタイルとしてのベ平連
    3‐3 沖縄ヤングベ平連の「インターナショナリズム」
  4 軍事体制への怒りの共鳴
    4‐1 連携のはじまり――ベ平連のネットワーク
    4‐2 深まる共闘と理解――横断する暴力と怒りの共鳴
  5 越境とコンフリクト――境界線の再生産
  6 ヴァイブレーションと政治

第六章 沖縄闘争と国家の相克
      ――沖縄青年同盟というコンフリクト
  1 震源地
  2 沖縄青年委員会の誕生――復帰運動の内部矛盾からの再出発
  3 沖青委の分裂――対立点の生成
   3‐1 中核派との対立
   3‐2 沖縄闘争論の違いの顕在化
   3‐3 富村順一公判闘争をめぐる対立――政治のとらえかえし
  4 沖縄青年同盟――沖縄国会への異議申し立て
  5 「在日沖縄人」という亀裂――沖縄闘争と国家
    5‐1 批判の声
    5‐2 植民地解放闘争としての沖縄闘争へ

終章
  1 沖縄闘争の力学
  2 復帰のとらえかえし、あるいは政治の創造
  3 沖縄闘争の時代の先へ

あとがき
参考文献
関連年表

このページのトップへ

内容説明

未発の政治を模索し続ける者たちの、決して終らぬ営み

1972年5月15日、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還された。沖縄闘争とはその「本土復帰」前後の時期においてさまざまな形で、アメリカ軍による占領と日米両政府の政策を批判的に問うた社会的・文化的運動である。本書では具体的に、ベ平連、大阪沖縄連帯の会、竹中労、沖縄ヤングベ平連、反戦兵士、沖縄青年同盟などを取り上げ、沖縄/日本/アメリカという分断を乗り越えようとした豊穣な思想性を、膨大な資料から丹念に拾い上げる。歴史に埋もれた数々の運動を掘り起こし、ミクロな社会運動研究とマクロな国際関係史研究を接続。沖縄問題を、あの島の問題ではなく、私たちが生きるいまこの場所の問題へと転換する、新鋭による歴史社会学の熱き労作。

「沖縄闘争は、基地を残したままの沖縄返還を止められなかった/変えられなかったという意味では、敗北している。そして、筆者は、その敗北を既に知ってしまっている。けれども、現在を生きる者の高見や枠組みから、過去を従属させて論じることはできない。だからといって、過去の運動を無前提に称揚したり、擁護するべきだ、というのでもない。敗北に必死に向きあい、抗いながら、それでも言葉を紡ぐという行為を、そのプロセスに同伴するようにして、内在的に記述することが求められる。それが、どこまで達成できたかはわからないが、本書はこのような意味で内在的な記述を試みる。」(序章より)

序章(PDF)→

このページのトップへ

関連書籍

PANA通信社と戦後日本

PANA通信社と戦後日本

アジア人による、アジアのための通信社

著者:岩間 優希
 
アンチヘイト・ダイアローグ

アンチヘイト・ダイアローグ

ここで、止める。

著者:中沢 けい
 
 
抗いの条件

抗いの条件

運動現場のもつ豊かな可能性を描き出す力作

著者:西城戸 誠
 
抵抗の同時代史

抵抗の同時代史

著者初の同時代史論にして、注目の第二論集

著者:道場 親信
 
 
複数の沖縄

複数の沖縄

移動する民の島、希望としての沖縄論

著者:西 成彦 編著
原 毅彦 編著
 
 
カリブ‐世界論

カリブ‐世界論

地域研究を越える圧倒的傑作

著者:中村 隆之
 
 

このページのトップへ

関連記事

このページのトップへ