ホーム > 胸さわぎの鷗外

胸さわぎの鷗外  新刊

胸さわぎの鷗外

古今東西の文学を縦横無尽に論じる、比較文学者西成彦による満を持しての鷗外論

著者 西 成彦
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学評論
出版年月日 2013/12/25
ISBN 9784409160954
判型・ページ数 4-6・220ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

Ⅰ 鼠坂殺人事件
Ⅱ 性欲と石炭と植民地都市
Ⅲ 鴎外と漱石、そして百閒 
Ⅳ 「山椒大夫」と政治

このページのトップへ

内容説明

古今東西の文学を縦横無尽に論じる、比較文学者西成彦による満を持しての鷗外論。戦時性暴力を静かに断罪する『鼠坂』、性欲処理に悩める男を描いた『舞姫』、民衆の語りを政治の語りに変えてみせた『山椒大夫』など、人間の身勝手さ、残酷さ、恥ずべき側面を、鷗外は見逃さない。魅力的な素材であったのだ。近代の申し子ともいうべき鷗外の冷徹なまなざしが明らかになる。その視線の下で恥じ入るべきは、レイプされた植民地の女や徴兵逃れの罪をおそれる移民の老婆ではなく、植民地帝国の男たち、そして恥を直視できない「腰砕け」のわれわれなのだ。

このページのトップへ

関連書籍

引揚げ文学論序説

引揚げ文学論序説

戦後史を揺さぶる画期的論考

著者:朴 裕河
 
バイリンガルな夢と憂鬱

バイリンガルな夢と憂鬱

日本語の隣人たち

著者:西 成彦
 
 
異郷の死

異郷の死

「知里幸恵」とそのテクストを読む

著者:西 成彦
崎山 政毅
 
東欧の20世紀

東欧の20世紀

「国民国家と多文化社会」シリーズ第6弾。

著者:高橋 秀寿
西 成彦
 
 
異郷の身体

異郷の身体

『ディクテ』とその作者をめぐる多様な応答

著者:池内 靖子
西 成彦
 
越境する想像力

越境する想像力

グローバルな帝国を視野にモダニズムを語る

 
 
複数の沖縄

複数の沖縄

移動する民の島、希望としての沖縄論

著者:西 成彦 編著
原 毅彦 編著
 
 

このページのトップへ