ホーム > ジル・ドゥルーズの哲学

ジル・ドゥルーズの哲学

超越論的経験論の生成と構造

ジル・ドゥルーズの哲学

新たなドゥルーズ研究が、ここから始まる。次世代の研究の幕開けを告げる、新鋭による渾身作。

著者 山森 裕毅
ジャンル 哲学
思想
思想 > 海外思想
出版年月日 2013/06/25
ISBN 9784409030806
判型・ページ数 4-6・382ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに――問題提起と見取り図

第Ⅰ部 超越論的経験論の生成

第一章 経験の超出――ヒュームの想像力/カントの能力論
 1 経験を超出する想像力
 2 カントの超越論的能力論
第二章 経験の条件――ベルクソンの直観と記憶
 1 直観について
 2 記憶について――潜在的なものの現働化の第一ヴァージョン
第三章 「習得」の発見――プルーストにおける超越論的感性論の統合
 1 シーニュが織り成す世界の構造
 2 記憶から思考へ――潜在的なものの現働化の第二ヴァージョン

第Ⅱ部 超越論的経験論の構造

第四章 能力の超越的行使――〈経験の条件〉の転換
 1 再認と知と円環の経験論
 2 超越論的経験としての能力の超越的行使――愚劣から習得へ
第五章 問題としての理念――潜在的なものの現働化の第三ヴァージョン
 1 ドゥルーズの非本質主義
 2 ドゥルージアン・プラグマティズム
第六章 習得の時間、習得する自己――生成する経験の構造
 1 習得の時間、あるいは能力の時間論的展開
 2 習得する「私」の構造

おわりに――『差異と反復』以降

補論 スキゾ分析とリトルネロ――フェリックス・ガタリのプルースト論
第一章 スキゾ分析について
 1 語用論と記号論――スキゾ分析の足場
 2 スキゾ分析の基本構造
第二章 リトルネロについて
 1 プルーストによる生成スキゾ分析
 2 プルーストによる変形スキゾ分析

あとがき
参考文献
人名索引

このページのトップへ

内容説明

新たなドゥルーズ研究が、ここから始まる。

ドゥルーズは哲学史家として、スピノザ、カント、ベルクソン、プルーストなどと格闘することで自らの思想を練り上げていった。本書では、それをもう一度哲学史に差し戻す。焦点となるのは、ドゥルーズ哲学前期ともいうべき、『経験論と主体性』(1953年)から『差異と反復』(1968年)までの15年間。その間の著作を、時間軸に沿って綿密に検討し、ドゥルーズ哲学の中心を「能力論」と見定めることで、後期にまで及ぶ思想全体を根底から読み解く。次世代の研究の幕開けを告げる、新鋭による渾身作。

補論として、『機械状無意識』を詳細に読み解いたフェリックス・ガタリ論(150枚)を付す。

はじめに(PDF)→

山森裕毅(やまもり ゆうき)/1980年兵庫県生。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。現在、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター招聘研究員。論文に、「フェ リックス・ガタリにおける記号論の構築(1) 『分子革命』の三つの記号系」(『年報人間科学』32号)、「アントナン・アルトーにおける有機体と生殖の問題」(『フランス哲学・思想研究』15号)、 「「無能力者」についての研究ノート 九鬼周造の哲学から」(『年報人間科学』30号)など。

このページのトップへ

関連書籍

ドゥルーズと多様体の哲学

ドゥルーズと多様体の哲学

ドゥルーズ思想の全体像

著者:渡辺 洋平
 
制御と社会

制御と社会

人文学の真髄を示す理論的探求の成果

著者:北野 圭介
 
 
フーコーの美学

フーコーの美学

硬直的な生への対抗

著者:武田 宙也
 
新自由主義と権力

新自由主義と権力

現代的権力の最深部、新自由主義とは何か?

著者:佐藤 嘉幸
 
 
権力と抵抗

権力と抵抗

その思考の再解釈と乗り超えの途を考察する

著者:佐藤 嘉幸
 
 

このページのトップへ