ホーム > 晩禱

晩禱

リルケを読む

晩禱

いま、リルケを読み、リルケを想い、リルケを生きる。染織作家で指折りのエッセイストが語り下ろした祈りの境地

著者 志村 ふくみ
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学エッセー
出版年月日 2012/08/01
ISBN 9784409150221
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

著者の書斎の机上に、もう何年もリルケの『時禱詩集』が置かれている。その傍らには『マルテの手記』と『ドゥイノの悲歌』も。

みずから孤独をもとめ新たな言語表現に格闘しヨーロッパ精神のひとつの典型を打ち建てた百年前の詩人への、いまもたえず湧きおこる熱い思い。

本を読むことはまさしく生きること、自分との対決である──リルケをくりかえし読むことで「一種名状しがたい生の確信」、「修道僧の祈りの内にひそむ創造の秘密」が明かされるという。光と闇、見えるものと見えないもの、はかない人間存在が人生からゆだねられる使命(委託)とは何か? 

「いま私は時を求めて垂直に内面にむかって旅したいと思う。迷いつつ出発をおくらせていたその時がいま訪れたこの巡礼の旅ではないか。この時の中に生きる自分、日常のもろもろの衣服を脱ぎすて、雑然とした概念を打ち捨てようやく最後の旅が、今この時なのではないか。その旅というのは、成熟した物や事として現前するものを私が全存在をかけて受けとめることではないか。それは委託を受けるということなのではないだろうか。」

(本書より)

このページのトップへ

関連書籍

薔薇のことぶれ

薔薇のことぶれ

詩人の一面に初めて迫る

著者:志村 ふくみ
 
 
白夜に紡ぐ

白夜に紡ぐ

エッセイの名手による珠玉の書き下ろし

著者:志村 ふくみ
 
語りかける花

語りかける花

草木の声をきき、草木の色をいただく

著者:志村 ふくみ
 
 

このページのトップへ