ホーム > 上尾 真道

上尾 真道

名前 上尾 真道
カナ ウエオ マサミチ
 

プロフィール

1979年福岡県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期過程修了。博士(人間・環境学)。現在、立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員。共訳書に、ランシエール『平等の方法』(航思社)、フーコー『悪をなし真実を言う ルーヴァン講義1981』(河出書房新社)、ロバン『モンサント』(作品社)、フィンク『「エクリ」を読む』など。論文に「精神分析実践とマゾヒズム」(『I.R.S』12号)、「ジャック・ラカン、理論の実践」(『人文学報』103号)、論文に「「運動」としての精神分析のために」(『atプラス』30号、2016年)、「フロイトの冥界めぐり 『夢解釈』の銘の読解」(『人文学報』109号、2016年)、「戦争から遠くはなれて」(『現代思想』2015年10月)など。

このページのトップへ

著作一覧

ラカン 真理のパトス

ラカン 真理のパトス

同時代の視点から捉えるラカン

著者:上尾 真道
 
「エクリ」を読む

「エクリ」を読む

ついに『エクリ』が分かる

 
 

このページのトップへ