ホーム > 大場 吾郎

大場 吾郎

名前 大場 吾郎
カナ オオバ ゴロウ
 

プロフィール

佛教大学社会学部教授(映像メディア産業論、コンテンツビジネス論)。慶應義塾大学文学部(社会学専攻)卒業後、日本テレビ放送網株式会社入社。2001年退社後、ミシガン州立大学で修士課程、フロリダ大学で博士課程を修了。京都学園大学人間文化学部専任講師、佛教大学社会学部准教授を経て現職。ニューヨーク大学スターン経営大学院客員研究員(2013~14年)、放送サービス高度化推進協会番組審議会委員などを務める。著書に、『グローバル・テレビネットワークとアジア市場』(文眞堂、2008年)、『アメリカ巨大メディアの戦略』(ミネルヴァ書房、2009年)、『韓国で日本のテレビ番組はどう見られているのか』(人文書院、2012年)、『図説日本のメディア』(共著、NHK出版、2012年)、『『コンテンツビジネスの経営戦略』(共著、中央経済社、2017年)などがある。

このページのトップへ

著作一覧

テレビ番組海外展開60年史

テレビ番組海外展開60年史

メディア史の第一級の資料にして画期的労作

著者:大場 吾郎
 
韓国で日本のテレビ番組はどう見られているのか

韓国で日本のテレビ番組はどう見られているのか

したたかな韓国、売れない日本

著者:大場 吾郎
 
 

このページのトップへ