ホーム > 水野 直樹

水野 直樹

名前 水野 直樹
カナ ミズノ ナオキ
 

プロフィール

水野直樹 みずの なおき 1950年京都生まれ。京都大学文学部研究科(現代史学)博士課程修了。1985年より京都橘女子大学を経て、1991年京都大学人文科学研究所助教授。2001年同研究所教授。専攻は朝鮮近現代史・東アジア関係史。日本の植民地支配、特に「人の支配」に関わる諸問題や朝鮮における治安維持法体制の問題を研究している。 主著:『「アリランの歌」覚書』(共編、岩波書店、1992年)、「国籍をめぐる東アジア関係」(古屋哲夫・山室信一編『近代日本における東アジア問題』吉川弘文館、2001年)など。

このページのトップへ

著作一覧

生活の中の植民地主義

生活の中の植民地主義

韓国、台湾、日本の日常生活にみるその痕跡

 
 

このページのトップへ