ホーム > 湯浅 泰雄

湯浅 泰雄

名前 湯浅 泰雄
カナ ユアサ ヤスオ
 

プロフィール

湯浅泰雄 ゆあさ やすお 1925年生まれ。東京大学文学部。文学博士。山科大学、大阪大学、筑波大学、桜美林大学の教授を経て、退官。桜美林大学名誉教授。専門、関心分野は日本思想、倫理学、心理学、身体論、宗教と科学。今後の仕事の方向として、倫理と信仰の心理学的研究、科学方法論、気と東洋医学などの分野。 主著:『身体論――東洋的心身論と現代』(講談社学術文庫)、『気・修行・身体』(平河出版)(以上2点はニューヨーク州立大学出版局より英訳刊行)、『ユングとキリスト教』(人文書院、のち講談社学術文庫)、『ユングとヨーロッパ精神』『ユングと東洋』『共時性の宇宙観』(以上、人文書院)、『身体の宇宙性』『宗教経験と身体』(以上、岩波書店)、『和辻哲郎』(ちくま学芸文庫)ほか、現在、『湯浅泰雄全集』(全18巻、白亜書房)刊行中

このページのトップへ

著作一覧

黄金の華の秘密

黄金の華の秘密

ユング思想に新たな展開をもたらした書

 
 

このページのトップへ