ホーム > 伊藤 恭彦

伊藤 恭彦

名前 伊藤 恭彦
カナ イトウ ヤスヒコ
 

プロフィール

1961年生まれ。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得。現在、名古屋市立大学大学院人間文化研究科教授。著書に、『多元的世界の政治哲学 ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権』(有斐閣、2002年)。共編著に、『ポスト・リベラリズム 社会的規範理論への招待』(2000年)、『現代規範理論入門 ポスト・リベラリズムの新展開』(2004年)、『ポスト・リベラリズムの対抗軸』(2007年)、いずれもナカニシヤ出版。訳書に、リーアム・マーフィー、トマス・ネーゲル『税と正義』(名古屋大学出版会、2006年)。

このページのトップへ

著作一覧

政治哲学

政治哲学

「正しさ」と「力」の根源を問う30冊

著者:伊藤 恭彦
 
貧困の放置は罪なのか

貧困の放置は罪なのか

グローバルな正義はいかにして可能か

著者:伊藤 恭彦
 
 

このページのトップへ