ホーム > 槇 佐知子

槇 佐知子

名前 槇 佐知子
カナ マキ サチコ
 

プロフィール

作家・古典医学研究科。1933年静岡県生まれ。73年、安政版医心方に出会い、医心方部首字書を作成して解読。独学で千年来の初訳に取組み、77年「医心方食養篇」、78年『医心方養生篇』の現代訳共著(出版科学研究所)。79年より平凡社の「心」に「医心方と今昔物語」18回連載。79年より学燈社「國文学」に「医心方にみる王朝の宮廷医学」9回連載。同〈後宮特集号〉の医学と美容を担当。79年に八〇八年勅撰『大同類聚方』百巻に出会い、医心方と並行して訳す。85年『全訳精解大同類聚方』(平凡社刊)。86年第第34回菊池寛賞、87年エイボン功績賞受賞。93年より『医心方全訳精解』を筑摩書房より刊行開始。2013年30巻33冊完結。関科学技術振興財団の第10回パピルス賞受賞。 著書・『医心方にみる美容』(ポーラ文化研究所)『今昔物語と医術と呪術』(築地書館)、『日本昔話と古代医術』(東京書籍)、『くすり歳時記』『食べものは医薬』『自然に医力あり』(共に筑摩書房)、『病から古代を解く』(新泉社)、『春のわかれ』『シャエの女王』(偕成社)。このほか、妙心寺「花園」誌に仏教童話を花岡大学氏のあと21年間連載。 職歴 ・筑波技術短期大学視覚部医学概論講師 ・日本伝統医療科学大学院大学非常勤講師 ・福島県立医科大学大学院非常勤講師

このページのトップへ

著作一覧

医心方の世界(新装版)

医心方の世界(新装版)

古代の智慧と知識にまなぶ養生の心得

著者:槇 佐知子
 
 

このページのトップへ