ホーム > 四方田 犬彦

四方田 犬彦

名前 四方田 犬彦
カナ ヨモタ イヌヒコ
 

プロフィール

四方田 犬彦 よもた いぬひこ 1953年生。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文化を学ぶ。韓国の建国大学校、中央大学校、テルアヴィヴ大学などで客員教師を勤める。現在は明治学院大学教授として映画史を講じる。映画と文学を中心、音楽、漫画、料理、都市論と多様な分野で批評活動を行なう。著書に本書の姉妹書『日本のマラーノ文学』のほか、『先生とわたし』、『摩滅の賦』、『見ることの塩』、『日本映画史百年』、『モロッコ流謫』(伊藤整文学賞)、『映画史への招待』(サントリー学芸賞)、『ソウルの風景』(日本エッセイストクラブ賞)など多数。詩集に『人生の乞食』、訳書にサイード『パレスチナに帰る』、ダルウィーシュ『壁に描く』などがある。

このページのトップへ

著作一覧

ポスト満洲 映画論

ポスト満洲 映画論

日中の映画人たちの交流と来歴

 
日本のマラーノ文学

日本のマラーノ文学

近現代日本文学における隠された出自

著者:四方田 犬彦
 
 
翻訳と雑神

翻訳と雑神

朝鮮民謡と翻訳者の使命

著者:四方田 犬彦
 
 

このページのトップへ