ホーム > 鈴木 道彦

鈴木 道彦

名前 鈴木 道彦
カナ スズキ ミチヒコ
 

プロフィール

鈴木道彦(すずき・みちひこ) 1929年東京生まれ。東京大学文学部仏文学科卒業。一橋大学、獨協大学教授を経て、現在、獨協大学名誉教授。 著書に『サルトルの文学』(紀伊國屋書店)、『プルースト論考』(筑摩書房)、『異郷の季節』(みすず書房)、『プルーストを読む』、『越境の時』(共に集英社新書)など。 訳書にP.ニザン『陰謀』(集英社)、F.ファノン『地に呪われたる者』(共訳、みすず書房)、J-P.サルトル『植民地の問題』、『哲学・言語論集』(共訳、人文書院)など多数。 M.プルースト『失われた時を求めて』(全13巻、集英社)の個人全訳で、2001年度讀賣文学賞、日本翻訳文化賞受賞。

このページのトップへ