ホーム > カトリーヌ マラブー

カトリーヌ マラブー

名前 カトリーヌ マラブー
カナ カトリーヌ マラブー
 

プロフィール

Catherine Malabou/1959年生まれ。英キングストン大学近代ヨーロッパ哲学研究センター教授。訳書に、『デリダと肯定の思考』(編著、高橋哲哉、高桑和巳、増田一夫訳、未来社、2001年)、『ヘーゲルの未来 可塑性・時間性・弁証法』(西山雄二訳、未来社、2005年)、『わたしたちの脳をどうするか ニューロサイエンスとグローバル資本主義』(桑田光平、増田文一朗訳、春秋社、2005年)、『新たなる傷つきし者 現代の心的外傷を考える』(平野徹訳、河出書房新社、2016年)がある。

このページのトップへ

著作一覧

明日の前に

明日の前に

超越論的なものは、新たな生を開始する

 
 

このページのトップへ