ホーム > 木下 光生

木下 光生

名前 木下 光生
カナ キノシタ ミツオ
 

プロフィール

1973年生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、奈良大学文学部准教授。博士(文学)。専門は近世日本史。著作に、『近世三昧聖と葬送文化』(塙書房、2010年)、『近世史研究と現代社会』(共著、清文堂出版、2011年)、『日本史学のフロンティア1・2』(共編、法政大学出版局、2015年)、『通説を見直す 16~19世紀の日本』(共著、清文堂出版、2015年)、『今村家文書史料集』上下巻(共編、思文閣出版、2015年)など。

このページのトップへ

著作一覧

貧困と自己責任の近世日本史

貧困と自己責任の近世日本史

日本史像の刷新を試みる

著者:木下 光生
 
 

このページのトップへ