ホーム > アレクサンダー R ギャロウェイ

アレクサンダー R ギャロウェイ

名前 アレクサンダー R ギャロウェイ
カナ アレクサンダー ギャロウェイ
 

プロフィール

Alexander R. Galloway/1974年生まれ。ニューヨーク大学メディア・文化・コミュニケーション学部准教授。哲学者、プログラマー、アーティスト。主な著作に以下がある。Gaming: Essays on Algorithmic Culture(University of Minnesota Press, 2006)、The Interface Effect(Polity, 2012)、Laruelle: Against the Digital(University of Minnesota Press, 2014)。日本語で読めるものとして、「権威(オーソリティ)の問題 思弁的実在論から出発して」(千葉雅也との対談、小倉拓也、千葉雅也訳、『現代思想』2016年1月)がある。

このページのトップへ

著作一覧

プロトコル

プロトコル

デジタル社会のハードコアを捉えた衝撃作

 
 

このページのトップへ