ホーム > ミシェル テヴォー

ミシェル テヴォー

名前 ミシェル テヴォー
カナ ミシェル テヴォー
 

プロフィール

Michel Thévoz/1936年生。ローザンヌ大学を卒業後、フランス社会科学高等学院で学ぶ。ローザンヌ州立美術館員を経て、1976年からローザンヌのアール・ブリュット・コレクションの館長を務める。美学を精神分析や哲学、社会学と関連させる多くの著作がある。訳書に『安らかな死のための宣言』(共著、菊池昌実訳、新評論、1993年)、『不実なる鏡 絵画・ラカン・精神病』(岡田温司、青山勝訳、人文書院、1999年)がある。

このページのトップへ

著作一覧

アール・ブリュット

アール・ブリュット

古典的名著、ついに邦訳

 
不実なる鏡

不実なる鏡

ラカン理論による「西洋絵画史」の脱構築

 
 

このページのトップへ