ホーム > 河西 秀哉

河西 秀哉

名前 河西 秀哉
カナ カワニシ ヒデヤ
 

プロフィール

1977年愛知県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(歴史学)。現在、神戸女学院大学文学部准教授。著書に、『「象徴天皇」の戦後史』(講談社選書メチエ、2010年)、『皇居の近現代史 開かれた皇室像の誕生』(吉川弘文館、2015年)、『明仁天皇と戦後日本』(洋泉社歴史新書y、2016年)、『うたごえの戦後史』(人文書院、2016年)、『近代天皇制から象徴天皇制へ』(吉田書店、2018年)など。編著に、『戦後史のなかの象徴天皇制』(吉田書店、2013年)、『日常を拓く知2 恋する』(世界思想社、2014年)、『平成の天皇制とは何か』(共編、岩波書店、2017年)など。

このページのトップへ

著作一覧

天皇制と民主主義の昭和史

天皇制と民主主義の昭和史

象徴天皇制の成立とその展開に迫る

著者:河西 秀哉
 
うたごえの戦後史

うたごえの戦後史

戦後史に新たな視角を切り拓く意欲作

著者:河西 秀哉
 
 

このページのトップへ