ホーム > エマニュエル レヴィナス

エマニュエル レヴィナス

名前 エマニュエル レヴィナス
カナ エマニュエル レヴィナス
 

プロフィール

Emmanuel Lévinas/1906年、ロシア帝国領リトアニアに生まれたユダヤ人哲学者。1923年、フランス・ストラスブール大学文学部に入学。後にドイツ・フライブルク大学に留学し、フッサールとハイデガーに学ぶ。31年、フランス国籍取得。第二次世界大戦ではフランス軍に通訳として参加するが、40年にドイツ軍の捕虜となり収容所で終戦を迎える。親族の多くがナチスの犠牲となった。46年、東方イスラエル師範学校校長に就任、本格的にタルムード研究をはじめる。61年、『全体性と無限』で国家博士号を取得し、ソルボンヌ大学教授などを歴任。95年没。日本でも1980年代以降、多くの著書が翻訳されている。

このページのトップへ

著作一覧

タルムード新五講話 新装版

タルムード新五講話 新装版

名著復刊、レヴィナス×内田樹

 
タルムード四講話 新装版

タルムード四講話 新装版

名著復刊、レヴィナス×内田樹

 
 

このページのトップへ